スマートフォンサイトへ
詳しいアクセス方法はこちら
なか眼科
  • 0797-32-5288
  • 9:00~12:00 15:30~18:30
  • 土曜午後、木曜、日曜、祝日
なか眼科からのメッセージ
このページを共有
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページを共有

ブログ

なか眼科でのアレルギー原因検査

さて、花粉のシーズンに入って参りました。
毎年決まってこの時期に目がかゆくなって鼻がムズムズする…
つらいつらい花粉症の症状ですね。

花粉症はアレルギーのひとつで、この時期だとスギやヒノキが原因として考えられます。
アレルギーの原因は、花粉のような『季節性』のものと、
ハウスダスト、ダニ、ネコ、イヌなどの『通年性』のものに分かれます。

自分はいつも春先にアレルギー症状が出るから、原因は花粉だけ…と思っていませんか?
普段は症状がないものの、実は他にもアレルギーの原因があり、
花粉の時期にはいろいろな原因が積み重なって
症状が出やすくなる、ということもあるのです。

なか眼科では、目に症状が出やすいアレルギーの原因として、
代表的な8項目を検査することができます。
下の写真にあるように、
ネコ、ダニ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、イヌ、ゴキブリ、スギ について検査します。

アレルギー検査

一般的なアレルギー原因の検査は採血検査で、結果がその日のうちにはわかりません。
なか眼科では、指先から少量の血液を取って、約20分で結果が出る方法を行っています。

アレルギーの原因は花粉だけとは限りません。
まだ原因を調べたことがない方は、一度検査をしてみませんか。
それぞれの原因に合った予防の方法もあります。
この検査は現在のところ、午後の診察時間で行っています。
興味のある方は、お気軽にご相談ください。

花粉情報2014!

まだまだ寒い日が続きますが、そろそろ気になってくるのが、今年の春の花粉の状況。
昨年(2013年春)はとっても花粉の飛散量が多かったのですが、
今年はそれに比べると全国的に少なめだそうです。
兵庫県での花粉飛散予測では、昨年比で90%。
ただし、平年比で見てみると150%となっていました。。
2013年の夏は全国的によく晴れて厳しい暑さだったため、雄花の生育に適した条件だったとのこと。
つまり、花粉の飛散量がかなり多かった昨年に比べると少なめですが、
例年に比べると十分多い年、ということになります。

2月中旬から花粉は飛び始めます。
2月22日(土)からは『やや多い』との予報になっています。

目のかゆみ、充血、めやになどの症状があれば、いつでも受診してください。
花粉によるアレルギー性結膜炎に対する治療は目薬がいちばん効果的です。
抗アレルギー点眼薬は種類がたくさんあり、患者さまの状態にあったものを処方します。
症状によっては弱いステロイド点眼薬も必要となるかも知れません。

つらい花粉症の季節。少しでも楽に過ごせるように予防と治療を行いましょう。

花粉症

はやり目

はやり目…われわれ眼科医がこれほど恐れる病気はありません。
といっても、不治の病ではありません。
とても伝染力が強い、つまり人にうつりやすい病気なのです。
われわれのような職業の者がかかってしまうと、患者様にもうつしてしまう可能性があり、
やむを得ず仕事を休まなければならないため恐れられているのです。

はやり目はウイルス感染による急性結膜炎です。
つまり目の風邪みたいなもので、日常よくある病気であり、また治っていく病気です。
何度も言いますが、どんどん人にうつっていくところが厄介なのです。
症状としては目の充血、まぶたの腫れ、なみだ、朝起きたときにメヤニのせいで目が開かない…などがあります。
中には耳の前後のリンパ節が腫れたり、発熱することもあります。
たかが目の結膜炎で、身体もなんだかだるい感じがします。
治療法は目薬ですが、ウイルスをやっつけられるのは自分自身の免疫力のみなので、目薬は補助的なものとなります。
そして、完全に治るまで2~3週間かかることもあります。
それだけ強いウイルスなのです。

結膜炎にかかってしまったら、まず、はやり目かどうかの診断が必要です。
なか眼科では、まぶたをこすって調べる方法があり、15分ほどで結果が出ます。
晴れて(!?)はやり目の診断がつくと、治療の開始とともに、これ以上人にうつさない努力が重要になってきます。
接触感染でうつってしまうことがわかっているので、とにかく目をさわらないこと、さわってしまったらすぐに石けんで手を洗うことが大切です。
また潜伏期が1~2週間あるので、周囲に結膜炎の症状の人がいる場合には注意しておきましょう。

こんな風に語っているわたくしも、はやり目にかかったことがあります…なのでこの病気のつらさ、恐ろしさは十分わかります!
写真ははやり目の診断がついたときの検査結果です。(2本線がでたら陽性、つまり、はやり目です…)
皆様はこんなことになりませんように。。