スマートフォンサイトへ
詳しいアクセス方法はこちら
なか眼科
  • 0797-32-5288
  • 9:00~12:00 15:30~18:30
  • 土曜午後、木曜、日曜、祝日
なか眼科からのメッセージ
このページを共有
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページを共有

ブログ

近視の人の老眼

『近視の人は老眼にならないですよね?』と聞かれることがあります。
そんなことはありません。
老眼は年齢とともに手元にピントが合いにくくなることですが(『老眼』の回を参照下さい)、
近視の方はもともと近いところにピントが合いやすいので、症状が出にくいのです。

では、今までメガネやコンタクトレンズで近視を矯正していた場合、
老眼が出てきたらどのように対処したら良いのでしょうか。
遠くをハッキリ見えるように矯正すると、近くを見るにはよりいっそうのピントを合わせる力(調節力)が必要になり、つかれやすくなります。
逆に、遠くの矯正をゆるめると、近くは少し楽に見えるようになります。

近視の方の老眼の対処方法としては…よく患者様に提案するのはこのような方法です。

□メガネの場合□
① 遠くはメガネ、近くはメガネをはずして裸眼で見る。
② 遠くのメガネ度数を弱めて、近くにピントが合いやすいように調節する。
③ 遠近両用のメガネにする。

◇コンタクトレンズの場合◇
① 遠くのコンタクト度数を弱めて、近くにピントが合いやすいように調節する。
② 遠くはコンタクト、近くはコンタクトの上からかける老眼鏡をつくる。
③ 遠近両用のコンタクトにする。

いずれにしても、その方のライフスタイルによってどの選択肢が最適かを考える必要があります。
例えば、運転をよくされる方、細かい字の書類を見られる方、スーパーで値札をぱっと見たい方…それぞれのご希望に沿った方法を考えましょう。

メガネもコンタクトも、遠近両用のものは使い方にコツがあります。
なか眼科では、ご希望があればいつでもメガネを合わせ、処方箋をお渡ししています。
また、遠近両用のコンタクトレンズは2weeksの使い捨てタイプと、最近では1dayタイプも取り扱いを始めました。
コンタクトレンズは購入前に無料のお試しレンズもお使い頂けますので、今まで普通のコンタクトをお使いだった方はもちろん、コンタクトレンズが初めて、という方もお気軽にご相談ください。


遠近両用CLメダリスト遠近両用CLロート遠近両用CLクーパー









写真は遠近両用のコンタクトレンズです。
これら以外でも取り寄せの上、お試し頂けます。

老眼

『あれ、細かいものを見てると、目に力が入るみたいでつかれやすくなったわ。』
『手元のものを見るとき、ぱっとピントが合わなくなったなぁ。』
これらは老眼のはじまりの症状です。

老眼とは誰しもに訪れる、お年とともに起こる変化です。
目の中のレンズ(水晶体)にはもともとピントを合わせる力(調節力)が備わっていますが、
加齢とともにその調節力が弱まり、近いところが見えにくくなる症状がでてきます。

手元を見るのに不便になってきたら、メガネで矯正することで楽に見られるようになります。
老眼鏡はイヤだから…と無理をしていると目の疲れ、肩こり、頭痛、吐き気などが出てくることも!

最近ではオシャレな『リーディンググラス』が売られていたり、
老眼鏡に抵抗がある方には、使い捨てタイプの遠近両用のコンタクトレンズもあります。
今までコンタクトを使ったことがない方でも、まずは無料のお試しレンズをお渡しすることもできますので、お気軽にご相談くださいね。

無理せず、目に負担の少ない方法を考えていきましょう。
老眼

近視のメガネ

患者様からよくある質問として、
『メガネをかけたりはずしたりすると目が悪くなりますよね?』
『かけ始めると近視がどんどん進みますよね?』とか、
と聞かれることがありますが、
答えはNO. です。

近視のメガネは、授業中や映画など、遠くを見たいときに自由にかければいいのです。
それによって近視の度が進むことはありません。

また、メガネを作っても毎年毎年検診でひっかかって、その度にレンズの度数が強くなっていく…
ということはよくありますが、これもメガネをかけ始めたせいではありません。
ちょうど身体が成長する時期に近視も進みます。
成長が止まれば、たいてい近視の進行も止まります。
それがメガネをかけ始める時期と重なってしまうので、こういった誤解が生じるのです。

近視のメガネ


コンタクトレンズを使っている場合も、やはりメガネは必要です。
コンタクトは直接目に接するものですから、目にキズがつきやすくなります。
なるべく装用時間を短くするために、家に帰ったらすぐメガネ、を心がけましょう。
そのためには、きちんと度が合ったメガネを作っておいてくださいね。

近視

毎年春になると、たくさんのお子様たちが学校検診で近視による視力の低下を指摘され、なか眼科を受診されています。
近視の原因として考えられているのは、遺伝的な理由と環境的な理由です。
ご両親のうち少なくとも1人が近視であることや、近くを見る作業(勉強、読書、ゲーム)が長いと近視になりやすいというデータがあります。
とはいえ、近視は病気ではありません。
身長や体重には個人差がありますが、近視もそのひとつ。
眼鏡をかけて1.0以上見えれば、物を見る力としては十分なのです。

問題は、いつからメガネをかけ始めるか、ということ。
これもはっきりした基準はありません。
ただ、目を細めて見ないとはっきり見えない、授業中に黒板の文字がよく見えずお友達のノートをのぞきこむ…
というようなことが出てくれば、そろそろ眼鏡の作りどきかなぁと思います。
見えにくいところをがんばってみようとすると、目がつかれてしまいますし、
ノートをとるのに必死になってしまい、先生の説明が頭に入らないのでは問題だからです。

近視になり始めの時期は、『調節緊張』とか『仮性近視』といわれ、目薬や訓練でよくなる場合もあります。
なか眼科には仮性近視訓練の機器もありますので、必要がある方には紹介させて頂きます。

まずは見えにくい原因が近視以外にないかどうか、きちんと調べてみましょう。
そして近視が原因とわかれば、メガネの時期についても相談していきましょう。

視力検査