スマートフォンサイトへ
詳しいアクセス方法はこちら
なか眼科
  • 0797-32-5288
  • 9:00~12:00 15:30~18:30
  • 土曜午後、木曜、日曜、祝日
なか眼科からのメッセージ
このページを共有
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページを共有

ブログ

花粉情報2014!

まだまだ寒い日が続きますが、そろそろ気になってくるのが、今年の春の花粉の状況。
昨年(2013年春)はとっても花粉の飛散量が多かったのですが、
今年はそれに比べると全国的に少なめだそうです。
兵庫県での花粉飛散予測では、昨年比で90%。
ただし、平年比で見てみると150%となっていました。。
2013年の夏は全国的によく晴れて厳しい暑さだったため、雄花の生育に適した条件だったとのこと。
つまり、花粉の飛散量がかなり多かった昨年に比べると少なめですが、
例年に比べると十分多い年、ということになります。

2月中旬から花粉は飛び始めます。
2月22日(土)からは『やや多い』との予報になっています。

目のかゆみ、充血、めやになどの症状があれば、いつでも受診してください。
花粉によるアレルギー性結膜炎に対する治療は目薬がいちばん効果的です。
抗アレルギー点眼薬は種類がたくさんあり、患者さまの状態にあったものを処方します。
症状によっては弱いステロイド点眼薬も必要となるかも知れません。

つらい花粉症の季節。少しでも楽に過ごせるように予防と治療を行いましょう。

花粉症

健診で異常を指摘されたら…④高眼圧

今回は、健診で『高眼圧』指摘されたら…についてお話します。
眼圧検査とは、目に風がプシュッとあたる検査です。
経験されたことのある方、そして苦手な方も多いのではないでしょうか?
この検査は、比較的多くの健診の項目に入っている印象があります。

眼圧の正常値は21mmHg以下、とされています。
では高眼圧を指摘された場合、眼科ではどのような精密検査を行うのでしょうか?
①眼圧検査
眼圧も血圧と同じで、測るたびに値が変動しますので、眼科でももう一度測定します。
風があたるタイプの眼圧測定が苦手な方は、別の方法でも測ってみることもできます。
②眼底検査
眼圧が高い方が注意すべきなのは、『緑内障』という病気になりやすい、ということです。
眼底検査により視神経の形を観察し、緑内障の疑いがあればさらに視野検査を行い、緑内障かどうかを判定します。

なか眼科では、これらの検査を1日で済ますことができます。
眼圧は血圧とは違って、自分で測ることができません。
また、眼圧が高くても自分では気づかないことがほとんどです。
だからこそ、健診で引っかかったときには、自覚症状がなくても、一度眼科を受診してください。

高眼圧症