スマートフォンサイトへ
詳しいアクセス方法はこちら
なか眼科
  • 0797-32-5288
  • 9:00~12:00 15:30~18:30
  • 土曜午後、木曜、日曜、祝日
なか眼科からのメッセージ
このページを共有
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページを共有

ブログ

緑内障 ①緑内障の種類

白内障は、お年とともに誰しもがなるものです。
それに対して緑内障は、皆さんがなるものではありません。
けれども、40歳以上の約20人に1人は緑内障であるというデータがあり、
決してめずらしい病気ではありません。
これからは数回にわたって、緑内障についてお話しましょう。

緑内障はいくつかの種類にわけられています。
難しい名前ばかりですが、一つずつ説明しますね。

① 原発開放隅角緑内障
一般に多い緑内障のタイプです。
目の中の水(房水)の出口である隅角(下の図の赤く示したところ)は広いので、
この名前がついています。
眼圧上昇は軽度で、進行のスピードも通常はゆっくりです。
眼圧が正常レベル(20mmHg以下)である『正常眼圧緑内障』もここに含まれ、
最近では日本人に多い緑内障のタイプとして注目されています。

② 原発閉塞隅角緑内障
房水の出口である隅角がもともと狭いタイプの緑内障です。
狭い隅角があるとき閉塞してしまうと、急激に眼圧が上がることがあり、
これを『急性緑内障発作』といいます。

房水の流れ

③ 続発緑内障
目のケガ、炎症など他の原因のために眼圧上昇がおこるタイプです。
ステロイドの内服や点眼もその原因のひとつとなります。

④ 発達緑内障
子供のときから眼圧が上がるタイプです。

次回からは、主に原発開放隅角緑内障と原発閉塞隅角緑内障についてよりくわしく説明しましょう。

眼圧

眼科ではよく、視力と眼圧を測ります。
『視力』は学校健診などで馴染深いとは思いますが、
『眼圧』とは一体どういうものなのでしょうか?

眼圧とは文字通り、眼の圧力です。大人になってからの健診で、目に風がプシュッとあたる検査で測定します。

目の中には、『房水(ぼうすい)』と呼ばれる、水の循環があります。
これは目の表面にある涙とは別のもので、目の中に栄養などを運ぶ役割があります。
房水は毛様体(もうようたい)というところ(図の①)でつくられ、
シュレム管というところ(図の②)から排出されます。
目の形はこの房水の圧力によって保たれていて、この圧を眼圧といいます。

眼圧


眼圧の正常値は21mmHg以下とされています。
眼圧が高い場合、その圧力で目の奥にある視神経(図の③)を圧迫して、
視神経が傷んでしまうなどの障害が出てきます。これが緑内障です。
緑内障になっていても、初期のうちは特に自覚症状はないことがほとんどなのです。

では、その緑内障とはどんな病気なのか、次回から説明していきたいと思います。

まぶたが重い、まぶたが下がる

『若い頃はぱっちりした目だったのに、年をとるにつれて小さくなってきた。』
『目が重くて開けにくい、まぶたがうっとうしい。』

これらの症状を『眼瞼下垂(がんけんかすい)』といいます。
お年とともに、まぶたを挙げる筋肉が弱ってしまったり、
まぶたの皮膚がたるんでしまったりすることが主な原因となります。

下がったまぶたを頑張って持ち上げようとすると、額に深いシワがよったりします。
また視界を広げるために、無意識に顎を上げて物を見ていたりすると、
つかれやすくなってしまうでしょう。

眼瞼下垂は、まれに神経や筋肉の病気が原因のこともありますが、
多くは加齢によるものです。
加齢によるものの治療方法としては、まぶたを挙げる手術があります。
以前のように快適に過ごしたい、見た目にまぶたが下がっているのも気になる…という方もいれば、
手術をするほど困っていない、気になっていない…という方もいると思います。

まずはお気軽にご相談ください。
問診と診察の上、加齢によるものかどうかを調べます。
手術をご希望の場合は、専門の病院を紹介させ頂きます。


眼瞼下垂