スマートフォンサイトへ
詳しいアクセス方法はこちら
なか眼科
  • 0797-32-5288
  • 9:00~12:00 15:30~18:30
  • 土曜午後、木曜、日曜、祝日
なか眼科からのメッセージ
このページを共有
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページを共有

ブログ

はやり目

はやり目…われわれ眼科医がこれほど恐れる病気はありません。
といっても、不治の病ではありません。
とても伝染力が強い、つまり人にうつりやすい病気なのです。
われわれのような職業の者がかかってしまうと、患者様にもうつしてしまう可能性があり、
やむを得ず仕事を休まなければならないため恐れられているのです。

はやり目はウイルス感染による急性結膜炎です。
つまり目の風邪みたいなもので、日常よくある病気であり、また治っていく病気です。
何度も言いますが、どんどん人にうつっていくところが厄介なのです。
症状としては目の充血、まぶたの腫れ、なみだ、朝起きたときにメヤニのせいで目が開かない…などがあります。
中には耳の前後のリンパ節が腫れたり、発熱することもあります。
たかが目の結膜炎で、身体もなんだかだるい感じがします。
治療法は目薬ですが、ウイルスをやっつけられるのは自分自身の免疫力のみなので、目薬は補助的なものとなります。
そして、完全に治るまで2~3週間かかることもあります。
それだけ強いウイルスなのです。

結膜炎にかかってしまったら、まず、はやり目かどうかの診断が必要です。
なか眼科では、まぶたをこすって調べる方法があり、15分ほどで結果が出ます。
晴れて(!?)はやり目の診断がつくと、治療の開始とともに、これ以上人にうつさない努力が重要になってきます。
接触感染でうつってしまうことがわかっているので、とにかく目をさわらないこと、さわってしまったらすぐに石けんで手を洗うことが大切です。
また潜伏期が1~2週間あるので、周囲に結膜炎の症状の人がいる場合には注意しておきましょう。

こんな風に語っているわたくしも、はやり目にかかったことがあります…なのでこの病気のつらさ、恐ろしさは十分わかります!
写真ははやり目の診断がついたときの検査結果です。(2本線がでたら陽性、つまり、はやり目です…)
皆様はこんなことになりませんように。。

コメントは受け付けていません。