スマートフォンサイトへ
詳しいアクセス方法はこちら
なか眼科
  • 0797-32-5288
  • 9:00~12:00 15:30~18:30
  • 土曜午後、木曜、日曜、祝日
なか眼科からのメッセージ
このページを共有
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページを共有

ブログ

散瞳検査 ―ひとみを開く

散瞳検査、ってご存知ですか?
眼科ではよく行われている検査ですが、いくつか注意点があるので、
今回はこの散瞳検査についてお話しましょう。

『散瞳検査』、『瞳孔(ひとみ)を開く検査』、『眼底を詳しくみる検査』
…いろんな呼ばれ方がありますが、すべて同じ検査です。
わたしたちが眼底を診察する際には、患者様のひとみを通して眼底を覗き込みます。
下の図の左側の目のように普段の瞳孔の状態だと、入り口が狭いので、診察できる範囲も狭いのです。
右側の目のように瞳孔が大きくなれば、眼底のすみずみまで検査することができます。
もちろん普段の瞳孔でも、視神経の状態など、ある程度の範囲は診察できますが、
次のような症状の精密検査や経過観察には散瞳検査が必要です。
・ 飛蚊症(虫が飛んで見える)、キラキラ光ってみえるとき
・ 目をぶつけたとき
・ 急に見えにくくなったとき
・ ものが歪んでみえるとき
・ 糖尿病の方の目の検査
・ その他、眼底の病気が疑われるとき

では、散瞳検査の注意点とはどんなことでしょう。
① 目薬の作用が出るまで、約30分お待ち頂きます。
目薬をいれて瞳を開き、開いたら診察に入って頂きます。
② 診察後は、ぼんやりしてピントが合いにくくなります。
この状態が約4~5時間続くので、お車やバイクの運転、細かい作業ができなくなりますのでご注意ください。

散瞳検査は予約の必要はありません。いつでもできます。
特に見え方に急激な変化がある場合やケガの場合には、早急に検査をすることが必要ですから、
上記のことに注意して受診してくださいね。

散瞳検査

コメントは受け付けていません。