スマートフォンサイトへ
詳しいアクセス方法はこちら
なか眼科
  • 0797-32-5288
  • 9:00~12:00 15:30~18:30
  • 土曜午後、木曜、日曜、祝日
なか眼科からのメッセージ
このページを共有
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページを共有

ブログ

目の構造

今回は『目の構造』についてお話しましょう。
眼球は直径2cmちょっとの小さいものですが、その構造はとっても複雑で、
私自身も医学生のときにとても驚き感動した記憶があります。

一言で『ものを見る』と言っても、眼球内のいろいろなものを通して見ています。
下の図をご覧ください。

目の水平断面図

これは目の断面図。眼球を断面にするとこのような丸い形になります。
目の構造はカメラの構造によく例えられます。(最近のデジカメではなく、フイルムカメラです。)
ものを見る経路をたどって説明致しますと…

① 角膜(かくまく) 
眼球の最表層、いわゆる『黒目』の部分です。これは透明な膜で、実はレンズの役割もしています。乱視やドライアイが起こります。

② 水晶体(すいしょうたい) 
目の中のレンズです。ここが加齢とともに濁ってくるのが、白内障です。

③ 硝子体(しょうしたい)
目の中で一番大きな体積を占める部分です。お若いときにはゼリーのようにプルプルで、ぎっしりと詰まっていますが、加齢とともに収縮して水っぽくなります。飛蚊症の原因となります。

④ 網膜(もうまく)
眼球の壁に裏打ちするように付いている膜です。カメラでいうとフィルムに当たり、ここにものを写し出します。また、網膜のうちでも視力を出すのに最も大切な部分を黄斑(おうはん)といいます。網膜剥離、網膜裂孔、黄斑変性症、黄斑前膜が起こります。

⑤ 視神経(ししんけい)
網膜に写し出された情報を集めて、脳に伝えるケーブルの役割をしています。
緑内障、視神経炎などはここの病気です。

このように、『ものを見る』ということは、①から⑤、さらに脳まで、
いろいろな部分がそれぞれの役割を担っています。
つまり、皆さんが見にくくなったとき、このうちのどこが原因で見にくいのかを調べて
治療していく必要があるのです。
本当に、目だけでなく人の体ってすごいと思いませんか?
今後、目の病気についてもなか眼科のホームページでご紹介する予定ですが、
この『目の構造』をご参考にしていただけたら、と思います。

コメントは受け付けていません。