スマートフォンサイトへ
詳しいアクセス方法はこちら
なか眼科
  • 0797-32-5288
  • 9:00~12:00 15:30~18:30
  • 土曜午後、木曜、日曜、祝日
なか眼科からのメッセージ
このページを共有
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページを共有

ブログ

白内障の手術

白内障は、加齢とともに目の中の水晶体が濁ってくる病気です。
今回は、一般的に行われている手術の方法についてお話します。
どんな症状になったら手術が必要か、については『白内障』の回をご参照ください。

白内障の手術は、簡単に言ってしまうと、水晶体の濁りを取ってしまい、かわりに人工のレンズ(眼内レンズ)を入れる、というものです。
下の図を見ながら、もう少し詳しくお話しますと…
白内障手術

水晶体は、実は二重構造になっていて、水晶体嚢(すいしょうたいのう)という、薄いふくろの中に、濁った水晶体が詰まっています。
① 目に約3mmの小さな切開を入れます。水晶体嚢の前側(『前嚢』といいます)の一部を切り取ります。

② 特殊な超音波の機械を目の中に入れ、水晶体の濁った中身だけを粉々にして吸い取ります。

③ 中身が空っぽになった水晶体嚢に、人工のレンズを入れて終了です。


白内障の手術は、技術の進歩により、昔に比べるととても安全な手術になっています。
ただし、現代でもやはり難しい症例はたくさんあります。
実際に手術を受けることになった場合には、主治医の先生のお話をよく聞いておきましょう。

コメントは受け付けていません。