スマートフォンサイトへ
詳しいアクセス方法はこちら
なか眼科
  • 0797-32-5288
  • 9:00~12:00 15:30~18:30
  • 土曜午後、木曜、日曜、祝日
なか眼科からのメッセージ
このページを共有
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページを共有

ブログ

朝起きたときに目がコロコロ

このタイトルのような経験をされたことはありませんか?
起床時に、目が痛い、異物感がある、コロコロする、まばたきしにくい感じがする…というものです。
これらの原因の多くは、目の乾燥です。
寝ている間は目を閉じているのに、どうして乾燥してしまうのでしょうか?

目の表面にうるおいを与える涙は、まばたきによって入れ替わります。
寝ている間はまばたきをしないので、とても涙が少なく乾燥してしまい、
まぶたの裏と目の表面がくっつきやすい状態になります。
そして起きるときには、一気にまぶたを引き上げます。
このときに黒目(角膜)に傷がついてしまうことがあり、これがコロコロなどの症状の原因となります。
ひどいときには角膜の表面がベリッとめくれてしまうことも。
こうなってしまうと、かなり強い痛みになってしまいます。
また何度も再発してしまう場合もあります。

コンタクトレンズをしたまま寝てしまった場合は、状況はさらに悪くなります。
コンタクトをしているだけでも、目が乾いてしまうのに、その状態で寝てしまうと…
かなりの乾燥状態になり、起きたら目が真っ赤、痛くて開けられない!
と、眼科に駆け込んでも来られる方も少なくありません。

これからの秋から冬にかけては、空気も乾燥するので、特に注意が必要です。
『朝起きたときに目がコロコロ』だけで済めばよいのですが、
もっとひどい状態になる前に、一度眼科を受診してみて下さい。
もともと目が乾きやすい『ドライアイ』が隠れている可能性もあります。
なか眼科では、ドライアイの診断、治療も行っています。
いよいよ乾燥の季節。目の乾燥対策も考えてみましょう。

寝起き




コメントは受け付けていません。