スマートフォンサイトへ
詳しいアクセス方法はこちら
なか眼科
  • 0797-32-5288
  • 9:00~12:00 15:30~18:30
  • 土曜午後、木曜、日曜、祝日
なか眼科からのメッセージ
このページを共有
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページを共有

ブログ

ドライアイの対策と治療

ドライアイの日常的な対策とは、とにかく目を乾かさないこと!です。
日常生活でいろいろと気をつけることで、目の乾燥を防ぐことができます。

例えば…
・ パソコンやスマホ、読書、運転などの目を使う作業の際には、意識的にまばたきを多くする。
・ パソコンは目線を下に向けて使えるように、置く場所の高さを調節する。
・ エアコンの風に直接当たらないようにする。
・ 空気も乾燥する秋冬は加湿器も使う。
・ コンタクトレンズを使用している場合は、なるべく装用時間を短くする。

このような対策をしても症状が良くならない場合には、目薬による治療が必要になります。
なか眼科で処方している目薬の種類は、主に以下のようになります。
① 涙に近い成分のもので、足りない涙を補う役割をするもの。
② ヒアルロン酸配合で、目の表面にうるおいを与えたり、傷を治す役割をするもの。
③ ムチンという物質の分泌を促し、涙の質を良くする役割のもの。

ドライアイ点眼

この写真の目薬は一例です。
(後発医薬品など、同様の成分で商品名が異なるものもあります。)

また、①~③の目薬を組み合わせても、なかなか症状が改善しない重症のドライアイの方には、
涙の排出口に栓をして塞ぎ、涙が目の表面にとどまるようにする処置も行っています。

ドライアイは病気というよりも体質で、完全に治ることは難しいものです。
環境や体調によっても日々症状の強さが変化します。
『あ、この症状はドライアイかな?』と思ったら、一度受診してみて下さいね。

コメントは受け付けていません。