スマートフォンサイトへ
詳しいアクセス方法はこちら
なか眼科
  • 0797-32-5288
  • 9:00~12:00 15:30~18:30
  • 土曜午後、木曜、日曜、祝日
なか眼科からのメッセージ
このページを共有
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページを共有

ブログ

緑内障 ①緑内障の種類

白内障は、お年とともに誰しもがなるものです。
それに対して緑内障は、皆さんがなるものではありません。
けれども、40歳以上の約20人に1人は緑内障であるというデータがあり、
決してめずらしい病気ではありません。
これからは数回にわたって、緑内障についてお話しましょう。

緑内障はいくつかの種類にわけられています。
難しい名前ばかりですが、一つずつ説明しますね。

① 原発開放隅角緑内障
一般に多い緑内障のタイプです。
目の中の水(房水)の出口である隅角(下の図の赤く示したところ)は広いので、
この名前がついています。
眼圧上昇は軽度で、進行のスピードも通常はゆっくりです。
眼圧が正常レベル(20mmHg以下)である『正常眼圧緑内障』もここに含まれ、
最近では日本人に多い緑内障のタイプとして注目されています。

② 原発閉塞隅角緑内障
房水の出口である隅角がもともと狭いタイプの緑内障です。
狭い隅角があるとき閉塞してしまうと、急激に眼圧が上がることがあり、
これを『急性緑内障発作』といいます。

房水の流れ

③ 続発緑内障
目のケガ、炎症など他の原因のために眼圧上昇がおこるタイプです。
ステロイドの内服や点眼もその原因のひとつとなります。

④ 発達緑内障
子供のときから眼圧が上がるタイプです。

次回からは、主に原発開放隅角緑内障と原発閉塞隅角緑内障についてよりくわしく説明しましょう。

コメントは受け付けていません。